『 アルヴァ・アアルトもうひとつの自然 』

が現在ステーションギャラリーで開催中です。

 

当社のスタッフも数名見てきましたが、一見の価値あり!です。

今週末 (4/14  日)まで開催中です。

アルヴァ・アアルトは、1920年代後半から1970年代まで活躍された

フィンランドのモダニズムの父と呼ばれた建築家です。

代表作にパイミオのサナトリウムやフィンランディアホールなどがあります。

80数年も前の作品が今見てもなお新鮮です。

まだクラシカルな建物が主流だった時代に、建物のみなならず、軽やかな色使い、

ベッド、デスク、イス、照明にいたるまでシンプルで機能的、かつ洗練されたデザインを打ち出しました。

そして、曲げ木の技術を開発し1933年に特許を取得。

積層合板の「曲げ木」は無垢の単板を重ね合わせ、本来の木材よりも強度と自由度を増したもの。

その「曲げ木」を使って、当時としては斬新だったスツール60,

パイミオのサナトリウムチェアなどを生み出しました。

再びまたアアルトのすばらしさを再確認できる良い機会です。

アアルトの自邸は、現代の理想の住まいの原点のようなもの。

緑に囲まれた、有機的デザインの建築、機能的でデザイン性の高い家具、

美しい照明、部屋のアクセントにしたい飾り棚など見所満載です!