「建築コラム」の記事一覧

今年も大変お世話になりました

建築コラム

今年は保育園の全面改修から始まり、新築、分譲マンション改修、賃貸物件リフォーム、 耐震改修などが相次ぎ、忙しい年となりました。 来年も引き続き、皆様のご希望に沿えるようより一層努力……

材料と工法その5

建築コラム

久々の更新です。間がだいぶ空いてしまいましたが、 新築木造住宅において『 当社が考える材料と工法について(断熱材について) 』 以前からの続き   新築の木造壁部分は当社……

LIXIL展示会で

建築コラム

先月行われた展示会で、珍しいものが。 金ぴかのトイレと、非売品だそうですが、全面スワロフスキーで装飾のトイレ。 金額は家が一棟建ってしまうほどだそう。   

サンフランシスコへ

建築コラム

今年のお正月休みはのサンフランシスコへ行ってきました。 友人が住んでいるので、何度も訪れています。 今回で25回目でした。 毎回のごとく、カジノで楽しみ、シーフードを堪能し、街を巡……

工法と材料その4

建築コラム

当社では、断熱材も工場で壁パネルと一体にして生産しますので簡単に 次世代断熱基準をクリアーする事も出来ます。 ですので高断熱・高気密住宅も簡単に施工できます。 また構造用合板を使用……

工法と材料その3

建築コラム

我社ではプラットホーム工法により(根太・火打梁を省略し、構造用合板を床材とし)作業床を先行します。 それにより足場がきちんと確保され、また資材も置くことができ、安全性と作業の効率を……

工法と材料その2

建築コラム

では我社が採用している木造軸組工法で生産性を上げるためには? 工場で加工出来るものは極限まで加工します。 構造材 (全て集成材利用。木材の収縮を極限まで無くすためです。) の加工は……

工法と材料その1

建築コラム

当社では新築木造住宅において、工法は一般的な木造軸組工法を採用しています。 木造軸組工法の一番の利点は、狭い裏路地の奥でも建築が可能である事です。 木造の2x4工法は生産性を上げる……

過去に行ったセミナーより

建築コラム

《 コミュニケーションの原則 》 まずは相手の話を聞く。 *人は人に認めてもらいたいと思っている   (共感が必要) *人は自分が重要だと思われたい。 *人は自分の話を聞いてもらい……

ページの先頭へ

メニュー