建築日記 vol.9

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10月初旬に訪れた奥日光にて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前から行ってみたかった中禅寺湖が見渡せるイギリス大使館別荘とイタリア大使館別荘。

どちらも明治時代の建築。

明治の中頃からヨーロッパの外交官たちは夏になると中禅寺湖を訪れヨットを楽しんだりしていたそう。

とても優雅な暮らしぶりがうかがえます。

中禅寺湖の絶景を堪能するために、イギリス大使館別荘は石垣を積みわざわざ地盤面を高くしたそうです。

美意識がとても高かったのですね。

和と西洋の美的感覚の融合がとても素敵でした。

       

1234

1,2はイギリス大使館別荘。

3,4はイタリア大使館別荘。杉皮の市松模様と石の暖炉がとても有機的で本当に素敵でした。

A.レーモンドの作品です。外観は修復中で見れませんでした。残念。

どちらの建物も和風建築の中に西洋の洋式を違和感なく織り交ぜ、今見ても新鮮で洗練された建物でした。

明治時代から昭和初期の美意識の高さに改めて感心するばかりでした。

情報がない時代に自分たちの感性を信じ、作り上げた美は今見ても本当に新鮮でした。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・加藤

メニュー