耐震リフォーム

白金ホームでは、木造住宅の耐震診断を無料で行っています。

001

木造耐震診断は財団法人日本建築防災協会発行の「木造住宅の耐震診断と補強方法」で定められております。診断方法には一般診断と精密診断がございますが、一般診断は無料にて実施致します。

【無料診断対象 はこんな住宅です。】
白金ホームでの無料診断対象建物は木造2階建て以下で、在来工法、昭和25年以降平成12年5月までに着工された建物で、対象区域は東京都城南地域(港区・目黒区・渋谷区・品川区・世田谷区)に限定させて頂いております。

 

 

 

お電話での無料診断お問い合わせ
tel

メールでのお問い合わせはこちら
耐震診断の件とご記載ください。

 

banner01

誠実な業務を行います。
白金ホームは、国土交通大臣認可法人 日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(木耐協) に加入しております。組合員は平成18年3月時点で935社です。木耐協ホームページ

 

周期的に起こる大地震。あなたの家は安全ですか ?

日本には昔から地震が多く、江戸時代から現代までの400年間に、
破壊的な大地震が70回も起きています。
現在では、人の体に感じる有感地震だけでも年に1100回以上観測され、
1日平均3~4回の割合で、日本のどこかに地震が起きていることになります。

地震が起きたときの被害の大きさは、震度や震源からの距離、家の状態によって違います。
基本的に家の弱い部分ほど大きく揺れ、場合によっては倒壊に至る場合もあります。

阪神・淡路大震災での木造住宅倒壊には、2つの大きな特徴がありました。
◆比較的古い家は、1・2階共に崩れ落ちていた
◆比較的新しい家は、1階だけが崩れ、2階部分が下に落ちてくる倒れ方が多かった。

また、これらの原因を調査した結果、下記のような問題点があることが分かりました。
・壁の量が少なかった。
・強い壁のホゾ抜けが起こった。
・壁のバランスが悪く、建物がねじれを起こした。
・腐朽やアリ害が多く見られた。

このような事態を防ぐためにも、しっかりとした技術に基づいた「耐震診断・補強」が必要になるのです。

 

満足いただける耐震診断を実施しています。

白金ホームでは(一財)日本建築防災協会発行の「木造住宅の耐震と補強方法」の一般診断法に準拠して、現地調査を行い、耐震診断結果報告書、耐震改修計画書を作成して、お客様にお渡ししております。

診断内容は、地盤、基礎、建物の形、壁の配置、筋交い、壁の割合、老朽化を調査し、建物が地震力を受けた時の強さについて段階ごとで評価していきます。

 

現地調査票

genchi-01 genchi-02

耐震診断結果報告書

icon-taishinshindan

耐震改修計画書

icon-taishinkaishu

 

 

お電話での無料診断お問い合わせ
tel

メールでのお問い合わせはこちら
耐震診断の件とご記載ください。

 

 

 

ページTOPへ