会社沿革

白金ホームでは、 お客様に安心してマイホーム工事をお任せいただけるよう
大地震の発生などに伴う、建築基準法改正に適応した最新建築プログラムを導入しております。
昭和14年 東京機型有限会社として設立
昭和21年 東都木工株式会社に名称変更
昭和26年 東都工業株式会社に名称変更
鉄鋼部門創設、鉄骨加工業を始める
昭和35年 白金工業株式会社に名称変更
プレハブ部門を創設
昭和37年 建設業登録、建築・建設業を始める
昭和41年 埼玉工場操業開始
昭和43年 白金ビル完成、不動産賃貸業を始める
昭和57年 作業所を世田谷区桜に移す
昭和61年 リース事業を始める
平成元年 パソコンによる見積サービス開始
平成2年 リフォームサービスを本格的に開始
平成8年 3次元CADサービス始める
平成9年 アキュラシステム導入
住宅性能保証協会(現:住宅保証機構)登録
高性能木造住宅“白金ホーム”販売開始
平成10年

3次元CAD建築ビジョン導入

平成12年 日本木造住宅耐震補強事業者協同組合加盟
建築基準法改正に合わせ建築ビジョン2導入
平成13年 テンダー21システム工法導入
平成18年 耐震診断ソフト ホームズ君プロ導入
平成19年 性能表示制度対応ソフト 構造EX導入
平成21年 耐震診断Pro Ver3アップグレード
平成22年 木造住宅耐震診断改定により基準値強化のあわせて、
対応プログラム耐震診断Pro Ver4導入
建築ビジョン V4導入
平成25年 玄関ドア・システムキッチン・ユニットバス・作り付け家具等まで
リアリティに表現可能の3Dソフト CGウォークインホーム導入

ページTOPへ