工法と材料その2

では我社が採用している木造軸組工法で生産性を上げるためには?

工場で加工出来るものは極限まで加工します。

構造材 (全て集成利用木材の収縮を極限まで無くすためです。) の加工はもちんの事、

羽柄材の加工、仕口・継手においても金物 (北陸テクノ製 HS金物工法 ホールダウン金物を工場でセットします)

を有効 (現場ではドリフトピンを横から打込むだけです) に利用する事により、生産性の向上と工期短縮に繋げています。

ページTOPへ